トピックス

トピックス

実例1「折込チラシのデザイン」

「チラシ制作を頼みたいけど、デザインとかよくわからない・・」

 

そんな方もご安心ください、

メディアトライスタッフが全力サポートいたします!

 

では実際にどういう流れで進んでいくのか

実例を元に、デザイナー北島がご説明いたします!


●クライアント 株式会社ICT様

●メディア   新聞折込チラシ/B5サイズ

 

制作したチラシはこちら。

洗濯槽に入れておくだけで、

衣類と洗濯槽を除菌&防臭してくれる、主婦にうれしい商品です。

 

 

1.打合せ

商品の特徴や、ターゲット像などをお伝えください。

今回は洗濯機に入れておくだけで除菌・防臭してくれるアイテムだったので

・ターゲットは主婦の方

・キャンペーン価格をプッシュしたい

・チラシを配ってウェブサイトに来てもらいたい

とのご依頼でした。

こんなイメージにしたい、など具体的なものがなくても大丈夫です!

 

2.ラフ制作

いただいた情報を元に、こちらでラフを作成いたします。

ここで制作時のポイントをご紹介!

読まずに伝わるビジュアルに

パッと目を引く「銀イオンの力」というワード。

制汗スプレーなどでもおなじみな銀イオンなので、

消臭系のなにかかなと感じてもらえると思います。

文章を読む前になんとなくでもイメージしてもらえるだけで、

商品を理解してもらえるスピードが違います。

パッパッと1秒ほどでめくられていく新聞折込チラシでは、

わかりやすさは必要不可欠!

キャッチコピーはリアルをイメージできるワードに

例えば「除菌・消臭してくれます!」と言われるよりも

「部屋干しのイヤなニオイを解決してくれます!」と具体的に言われるほうが

自分の生活ともリンクして、商品の想像がつきやすいですよね。

「自分に関係のある商品」だと認識してもらえることが大切です。

価格はしっかり目立つように

そして価格訴求は目を引くカラーでしっかり伝えます。

紙面の一番下部分は、人の目線が最後にいくとされていますが

全体をブルーでまとめた中での赤色なら目を引くことが可能です。

 

他にも、

細かな情報は裏面で丁寧に説明したり、読んでもらいたい順番も考慮して・・

などさまざまなことを考えながらラフを制作していきます。

 

3.ラフ修正

作成したラフをチェックしていただきます。

・画像を足したい

・コピーを変更したい

・ここの文字をもっと目立たせてほしい

など、気になる点や変更したい点がありましたら遠慮なくお伝えください。

 

4.カンプの完成

修正を終えたチラシを最終確認していただき、

問題がなければ制作は終了です。

 

いかがでしょうか。

チラシ制作の流れはなんとなく掴んでいただけましたか?

 

商品やサービスに合わせて、狙いや表現を考えて制作していきますので

チラシ制作を迷われている方も安心してお問い合わせください!

 

ページトップへ