トピックス

トピックス

新聞折込はどうやったら出来る?

新聞折込をしたい時はどうすればいい

新聞と一緒に家の中まで入れる身近な広告として知られる折込チラシ。「お店をオープンしたので周辺に知らせたい」「アルバイト募集をしたい」「クリスマス前にセールをするので広告を」など、誰でも思いたった時に出来る特徴もあります。

 

しかし、そんな身近な折込チラシをどうすれば出来る?誰に頼めばいい?など、意外と知らない人が多いのも事実です。方法さえ知れば身近で低価格な広告の代表的な媒体です。今日から皆さまの商売のお力になれることは間違いないでしょう。

直接新聞販売店へ持ち込む!

街中で見かける新聞販売店へ直接持ち込み、折込を依頼します。昔は一般的な新聞折込の方法でした。しかし、朝日新聞・毎日新聞・産経新聞・読売新聞・日経新聞と一般紙と呼ばれる新聞だけでも5紙、地方になると京都新聞、神戸新聞など数多くの新聞販売店へ直接持っていく大変さがあります。また、チラシと一緒に折込料金も持ち込み時に支払いする必要もございます。

 

また、持ち込んだ新聞販売店に折込するエリアをある程度お任せしなければならない可能性が出てきます。
本来なら、「朝日新聞のA販売店なら北側だけでいい」等の細かいエリア設定が難しい点がございます。

印刷会社や広告代理店、制作会社へ依頼する!

新聞折込をするにはチラシを事前に作成する必要があります。そのチラシを作成してもらう印刷会社や制作会社、または制作から印刷まで全てを行う広告代理店に依頼しなければいけません。

最近ではご自身でパソコンで作成し、印刷通販サイトのラスクル等で印刷を注文する方も増えてきました。

 

印刷までを依頼する際に新聞折込も併せて依頼する方法がございます。
※折込まで請け負っていない会社もございます。
折込したいエリアや日にちなど、細かい内容を直接打ち合わせする機会も出来るのである程度安心出来る点がございます。
しかし、より細かい内容になると実際の折込作業をしている折込会社への確認等でタイムラグが生まれる可能性も。

折込会社へ依頼する!

最後に直接折込会社へ依頼する方法があります。印刷会社や制作会社、折込代理店も実際の折込を折込会社へ依頼しております。

 

直接依頼するメリットとして一番大きいのは中間マージンが必要なくなる点、より細かいエリア設定や紙面選び、または急な日程変更など臨機応変に対応出来る点が多いのが特徴です。

新聞折込を入れる新聞の取捨選択も、非常に重要です。地域でもっとも部数の多い新聞を選べば、地域広告として高い効果を期待できます。配布エリアの新聞発行部数も折込会社なら随時最新のデータを揃えております。
予算がある場合は、複数の新聞を新聞折込の対象に選ぶのがおすすめです。新聞の種類を増やした分多くの家庭に届くようになり、地域での露出度も上がります。

 

このように実作業を行なっている折込会社ならではのメリットが多々ございます。

オリコミトライなら全ておまかせ

ここまで新聞折込する方法を挙げてきましたが、一番良いのはお客様にあった方法でするのがベストと考えます。

オリコミトライの運営母体は折込会社になりますので、全てお任せしていただけます!中間マージンをカットした業界最安級の安さ、最短3日で折込可能な速さ、リピート注文や小ロットにも対応できる手軽さで、折込の限界にトライしています。

スケジュールに余裕のない方は、お電話いただければ特急見積もりで対応可能です!オリコミトライで、あなたの新聞折込を確実に成功させましょう!

ページトップへ